次回例会(10月)

ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)
ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)

10月16日(土)18時~19時半

演題:「北欧の不安な絵画-ハマスホイとシャルフベック」

ムンクと同様、「不安」という主題に正面から向き合ったデンマークとフィンランド二人の北欧近代画家。

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

「協会のアーカイブ」より、夏の話題をご紹介します

北欧文化協会60周年記念の集い
北欧文化協会60周年記念の集い

夏至祭特設ページに、「協会のアーカイブ」を追加しました。

協会と夏に関係のある話題を、皆様にご紹介します。

 

まずは、アビ鳥を永年研究して来た、百瀬淳子理事のエッセイです。

野鳥とフィンランドを取り上げている点が、まさに素晴らしいですね。

 

今は静かで自然の美しい野外博物館のイメージしかないセウラサーリが、意外な小説の舞台になっていたのを知って、ちょっとびっくりしました。