次回例会

2017年6月8日(木)18:30~

6月例会

「『日本・デンマーク外交関係樹立150周年』を考える 村井誠人(早稲田大学文学学術院、本会会員)

ご入会について

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

北欧の天気

Mitä minä tekisin(今わたしに出来ること)-スオミ・キリスト教会(中野)

先日、カンテレの演奏家グループ「テレジアンカンテレ」による、東日本大震災のチャリティーコンサートの情報をお伝えしました。


このシリーズコンサートの第一回は、4月29日にスオミ・キリスト教会で開催されました。私も参加させていただきましたので、ご報告いたします。

 

会場となった礼拝堂は満席でした。多くの方々が、コンサートの趣旨に賛同されるとともに、カンテレの演奏を心待ちにしています。

 

演奏に先立ち、スオミ・キリスト教会から開催のご挨拶があり、カンテレクラブ「ピエニタウコ」の演奏で、コンサートは幕を開けました。

 

ピエニタウコは、スオミ・キリスト教会で開催されている5弦カンテレのクラブで、はざた雅子氏が指導されています。この日は、練習の成果を存分に発揮していただきました。

  1. カレワラの調べ(フィンランド民謡)
  2. ほたるこい(わらべうた)

 

次に、36弦カンテレの高橋翠氏と、15弦カンテレの横山夏子氏による演奏です。お二人のみずみずしく、息のあった演奏がとても素敵でした。

  1. ヴェッラモの鼓動(ミンナ・ラスキネン)
  2. カレリアの丘で(フィンランド民謡)
  3. ふるさと(岡野貞一)

上記の他に一曲

 

そして前半を締めくくるのは、はざた雅子氏の演奏です。完成度の高さでは、はざた氏の右に出る演奏家はいらっしゃらないでしょう。

 

はざた氏作曲の「オーロラ」は、極北の空に幻想的な光がゆらめく様子を表現した曲で、目を閉じるとその光景が浮かんでくるようです。

 

また、フィンランドの著名な作曲家メリカントと、誰もがご存じのパッヘルベルのカノンを対比させる構成は、とても面白かったです。どちらも素晴らしい曲ですが、あのカノンがカンテレだとこうなるんだというのは、興味深い体験でした。

  1. プレリュード(はざた雅子)
  2. コネヴィスト教会の鐘(フィンランド民謡)
  3. オーロラ(はざた雅子)
  4. 優しく響けわが悲しみの歌(オスカリ・メリカント)
  5. カノン ニ短調(ヨハン・パッヘルベル)

上記の他に一曲

 

ここで休憩に入ります。

 

ロビーでは、カンテレのCDやフィンランドのパンの販売があり、大変な賑わいです。

パンは、スオミ・キリスト教会の料理クラブ「プー・ママ」の手作りです。

 

後半は福原優子氏のグランドハープの演奏で幕を開けました。

5弦カンテレから始まり、楽器も音量もだんだん大きくなってきました。

 

私はグランドハープの生演奏は初めてでしたので、その迫力と美しい音色に、ただ圧倒されました。でも、大きいだけに、演奏するのはなかなか骨が折れそうでした。

 

ハープで聴く「トロイメライ」も趣があります。

  1. 月の光(クロード・ドビュッシー)
  2. トロイメライ(ロベルト・シューマン)
  3. 夜の歌(カルロス・サルツェード)

 

ここで、はざた雅子氏、高橋翠氏、横山夏子氏のトリオになります。

 

「熊のダンス」では、カンテレの様々な奏法を披露して、観客を魅了しました。

また、「春」は横山氏の手になる曲で、師匠と弟子という関係の三人が演奏されるお姿は、感慨深いものでした。

  1. 嘆きの少女(フィンランド民謡)
  2. タンゴXYZ(トイヴォ・カルキ)
  3. 熊のダンス(フィンランド民謡)
  4. 5弦カンテレのためのワルツ(トイヴォ・カルキ)
  5. 春(横山夏子)

 

そして、グランドハープが加わり、いよいよ四重奏になります。

私は詳しくはないのですが、この構成のコンサートは、非常に珍しいのではないでしょうか? 本当に圧巻です。

 

カンテレは琴に似た楽器だと思うのですが、「さくらさくら」の重奏は、琴の重奏とはかなり異なった印象を受けました。とてもやわらかく繊細で、しかし力強さも感じられます。不思議な楽器です。

 

また、はざた氏から、スウェーデンとロシアの間で苦難の歴史を持つフィンランドが、独立の情熱をこの曲に込めたエピソードが紹介されました。

  1. 赤いリボンの少女(スウェーデン民謡)
  2. さくらさくら
  3. フィンランディア(ジャン・シベリウス)

 

そして、最後にピエニタウコも加わり、演奏者全員での演奏となりました。

今回の震災からの復興を祈りながら、演奏家と聴衆が一体となりました。

  1. 歓喜の歌(ベートーベン)

 

さて、スオミ・キリスト教会でのコンサートは幕を閉じたわけですが、このシリーズコンサートは、5月以降も毎月開催される予定です。皆さまも、是非ご参加下さい。

 

詳しくは、イベント情報をご覧ください。

 

関連記事