次回例会

2018年 6月29日(金)18:30~

6月例会「北欧民家と手づくりの木のものたち」長谷川清之(北欧民家研究家・本会理事)

ご入会について

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

北欧の天気

例会の記録

2018年5月例会

演題:  「独立回復後のエストニア:過去、現在、未来 

講師: 小森宏美(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

日時: 5月9日(水)190021:00

会場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

会費:1000円 学生500円 (正会員は無料)

 

 1991年8月に独立を回復したエストニアは、多くの課題に直面し、それらに、ある点では他の中東欧諸国・旧ソ連諸国と同様の方法で、ある点では独自の方法で対応してきました。おhン例会では、エストニアがこの四半世紀にたどった道のりを参加者の皆様と振り返り、今後のエストニアについて考えたいと思います。

 

2018年4月例会

演題:  「杉原千畝の愛知五中時代(1912-1917年)」

講師:  家田  修(早稲田大学社会科学総合学術院教授)

日時: 4月16日(月)183021:00

会場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

会費:1000円 学生500円 (正会員は無料)

 

 ユダヤ人難民を救ったことで知られる日本の外交官杉浦千畝は、人格形成の基礎となる旧制中学生時代(12-17歳、1912-1917年)を名古屋の愛知五中で過ごす。折しも欧州h第一位世界大戦期である。講演では、杉浦が過ごした旧制中学生時代に立ちかえって、彼の人となりがどう形成されたのかを愛知五中関連の資料から探る。

 

2018年3月例会

演題: 「独立回復運動さなかのエストニア見聞」

講師:  百瀬 宏(本会理事長、津田塾大学名誉教授)

日時: 3月5日(月)183021:00

会場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

会費:1000円 学生500円 (正会員は無料)

 

 バルト三国で、ソ連の支配を離脱しようとする運動がおこって世界に話題をまいたのは、私がちょうどフィンランドに滞在している時でした。フィンランドの姉妹国エストニア、私はその終始を目撃する幸運に恵まれました。

 

2018年2月例会

演題: 「カール・ラーション:ゴーデンスタッフ来日講演会」

講師:  Ann Christina Jonsson アン・クリスティーナ・ヨンソン館長

     Caroline Edman カロリーネ・エドマン学芸員

日時: 2月19日(月)180020:00

会場: 津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパス SA202号室(総武線千駄ヶ谷駅前)

会費:1000円 学生500円 (正会員は無料)

 

 

2018年1月例会 新春懇談会

日時: 2018年1月21日(日) 12:00~14:00(11:30より受付)

会場: レストラン「ストックホルム」(東京・赤坂東急プラザ1F)03-3509-1677

食事: ミルクを使ったミートボール、鮭の生燻製、ニシンの酢漬けなどの北欧料理を

     バイキングでお楽しみ頂けます。

会費: 4,000円 学生2,000円(飲み物1杯つき)

備考: 事前のお申し込みが必要です。