次回例会

    屋台で売られる長い紐のような飴       子供たちは輪にして舐めている
    屋台で売られる長い紐のような飴       子供たちは輪にして舐めている

4月例会

 演題:「スウェーデンのSDGsに向けた保育実践-現地の保育体験から-

スウェーデンの保育体験から、地球と子供の未来のより良い保育環境を参加者と一緒に考えます。

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

猫の言葉社の新刊「なかなおり」

ご紹介が遅くなりましたが、猫の言葉社から、新刊「なかなおり」が出版されました。

 

猫の言葉社の代表を務める稲垣美晴氏は、その傍ら、フィンランド語から日本語への翻訳も、ご自身で手がけられています。当協会の新春懇談会にもご出席いただき、昨秋出版された「ふしぎなボタン」をご紹介いただきましたので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。

 

稲垣氏はピアニストの舘野泉氏とも親交があり、日本シベリウス協会の「シベリウスピアノ作品全曲演奏会」の会場では、猫の言葉社の物販コーナーでお目にかかりました。

 

そんな大活躍の稲垣氏と猫の言葉社ですが、この新刊も是非お買い求め下さい。

 

関連記事