次回例会(10月)

ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)
ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)

10月16日(土)18時~19時半

演題:「北欧の不安な絵画-ハマスホイとシャルフベック」

ムンクと同様、「不安」という主題に正面から向き合ったデンマークとフィンランド二人の北欧近代画家。

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

10月例会のお知らせ

急に秋が訪れましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

10月例会では、著書「『大フィンランド』思想の誕生と変遷―叙情詩カレワラと知識人」を出版した、津田塾大学国際研究所の石野 裕子氏をお迎えします。

 

石野氏には、カレワラの日にちなんだ2月例会でご報告いただくのが、半ば恒例となっていますが、その研究の集大成とも呼べる著書に関して、興味深いお話が聞けることでしょう。

 

皆様のお越しをお待ちしております。