次回例会(10月)

ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)
ヴィルヘルム・ハマスホイ           《室内、ストランゲーゼ30番地》        1899年、テイト(ナショナル・ギャラリー、ロンドン寄託)

10月16日(土)18時~19時半

演題:「北欧の不安な絵画-ハマスホイとシャルフベック」

ムンクと同様、「不安」という主題に正面から向き合ったデンマークとフィンランド二人の北欧近代画家。

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

柏木薫 冬の語りピアノ

歌とピアノで贈る北欧の情景・お話「ごんぎつね」・そしてオペラ

「語りピアノ」という、ちょっと不思議なジャンルで活躍する柏木薫氏と、スウェーデン人オペラ歌手マティルダ・ポールソン氏によるコンサート、2012年1月20日に杉並公会堂で開催されます。

 

プログラムは、グリーグ、シベリウス、ペッテション=ベリエルなどの北欧の曲と、モーツァルト、ビゼー、サン=サーンスのオペラから、どれも有名なアリアとなっています。

 

個人的には、モーツァルトの「恋とはどんなものか」が好きですが、「ごんぎつね 朗読とピアノのための」にも、とても興味が惹かれます。

 

さあ、どんなコンサートになるのでしょうか?

 

詳しくは、イベント情報をご覧ください。