次回例会

2017年6月8日(木)18:30~

6月例会

「『日本・デンマーク外交関係樹立150周年』を考える 村井誠人(早稲田大学文学学術院、本会会員)

ご入会について

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

北欧の天気

「弦楽アンサンブルの愉楽Ⅲ 北欧の名曲集」に行ってきました

「弦楽アンサンブルの愉悦Ⅲ 北欧の名曲集」は、11月22日(火) 19:00から、浜離宮朝日ホールで開催されました。

 

浜離宮朝日ホールは、築地市場の隣、朝日新聞東京本社の新館2Fにあります。

 

このホールは音響が大変素晴らしい他、ホワイエにバーカウンターがあり、開演前や幕間に飲み物が楽しめます。

 

これは重要ですよね?

 

もちろんコーヒーだけでなく、ビールやワインを召し上がっている方も、たくさんいらっしゃいました。

 

さて、当日のプログラムです。

  • ニールセン:小組曲 Op.1
  • グリーク:2つのノルウェーの旋律 Op.63
  • シベリウス:ロマンス ハ長調 Op.42

―休憩―

  • ダグ・ヴィレーン:弦楽のためのセレナード Op.11
  • シベリウス:組曲「恋人」 Op.14
  • グリーク:「ホルベアの時代より」 Op.40

―アンコール―

  • グリーク:過ぎた春

 

前半は、仕事の疲れもあって少し集中できなかったのですが、幕間のおいしいコーヒー(レストラン アラスカが運営しています)をいただいてリフレッシュ。

 

後半の最初は、ダグ・ヴィレーンでした。

 

ダグ・ヴィレーンの曲は初めて聞いたのですが、ちょっと風変わりで面白かったです。一つ一つの旋律は、以前どこかで聞いたことがありそうで、曲全体は今までに聞いたことがなく、その上とてもエレガントにまとまめられていました。

 

演奏はピッキングがふんだんに使われていて、弦楽アンサンブルというよりは、打楽器のような軽快さでした。

 

まるで二匹のうさぎがお互いを追いかけながら、あるいは先に走り出し、あるいは後から追いかけ、追いつ追われつどんどん進んでゆきます。小気味良いリズムに思わず引き込まれてしまいました。

 

そして、アンコール。

グリークの過ぎた春の余韻を楽しみながら、会場を後にしました。

 

とても素晴らしいコンサートでした。

 

 

関連記事