次回例会

2017年 11月6日(月)18:30~

11月例会

「北欧文化協会創設者桑木務と戦前ヨーロッパの日本語・日本文化講座」小川誉子美(横浜国立大学教授)

ご入会について

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

北欧の天気

塩谷賢作氏の写真集「See-through Chrysalis」

See-through Chrysalis
See-through Chrysalis

 

塩谷賢作氏は、リトアニアで写真スタジオ「UAB Studio Aika」を設立・運営する、日本人の写真家です。この度、塩谷氏の初めての写真集「See-through Chrysalis」が、リトアニアで発売されました。

 

私も一度リトアニアを訪れたことがありますが、二つのことが印象に残っています。

 

一つは、首都ヴィリニュスの、やや時代がかった印象。運悪く大雨に降られた日、旧市街は舗装や排水が万全とは言えず、靴の中まで濡れてしまいました。良くも悪くも古風な街でした。

 

もう一つは、人々の信仰心の篤さ。大雨で床が汚れているにも関わらず、人々は教会で祈りをささげる際、ひざまづいて床に口づけしていました。十字架の丘も有名です。

 

不思議なことに、あるいは当然のこととして、塩谷氏の写真には、リトアニアの空気感が巧みに取り込まれているようです。UAB Studio AikaのWebサイトで公開されている、リトアニアの写真58枚のうち、10番目の曇り空と、11番目の雨にぬれた石畳が、私のお気いにいりです。

 

私の目撃した光景とは何の関係もないシーンを撮影されているのですが、なぜか雰囲気が同じなのです。

 

皆さまもお好きな一枚を探してみて下さい。

そして、もしお気に召したならば、写真集を購入してはいかがでしょうか。

 

さて、塩谷氏は近々日本に帰国する予定があるとのこと、都合がつけば北欧文化協会3月例会にお越しいただけるかもしれません。実現したら、サインしてもらうチャンスですね。