次回例会

2017年 11月6日(月)18:30~

11月例会

「北欧文化協会創設者桑木務と戦前ヨーロッパの日本語・日本文化講座」小川誉子美(横浜国立大学教授)

ご入会について

新春懇談会の様子
新春懇談会の様子

どなたでもご入会いただけます。

Facebookページ

モバイルからのアクセス

携帯で上記のQRコードを読み取って下さい。

北欧の天気

2015年の例会

2015年12月例会

講演: 「初期の日本・スウェーデン間における文化交流活動」

講師: 舟川 はるひ(ユーラシア研究所研究員・本会理事)

日時: 12月14日(月)18:30~21:00

場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

 

スウェーデンと日本の外交関係が樹立されたのは1868年だが、両国間の文化交流が活発になるのは日露戦争後のことである。日露戦争から太平洋戦争までの間で、両国間で行われた文化活動のいくつかを紹介したい。

2015年11月例会

講演: 「ノルウェー語史にたどるノルウェーの詩」
講師: 森 信嘉(東海大学文学部北欧学科教授)
日時: 11月16日(月)18:30~21:00
場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

 

ノルウェー語の歴史を過去から現在までたどり、各時期の言語状況を概観すると同時に、その時期に生まれた代表詩を紹介する。扱う詩はルーン碑文に残されたものから、戦後モダニズム期のものにわたる予定である。

2015年10月例会

講演: 「カール・ニールセン-アンデルセンと同郷の作曲家」
講師: 長島 要一(コペンハーゲン大学DNP特任教授)
日時: 10月9日(金)18:30~21:00
場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

2015年9月例会

講演: 「色鮮やかな編み物の魅力―ミトンの国ラトビアを訪ねて」
講師: 中田 早苗(エディター)
日時: 9月14日(月)18:30~21:00
場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

 

バルト三国の一つラトビア。伝統工芸として継承される編み物・ラトビアンミトンの歴史とミトンにまつわるしきたりや文様などを紹介します。世界文化遺産として登録された美しいリーガ旧市街など、旅の見どころも。

2015年6月例会

講演: 「北欧の同級生作家を考える」
講師: 新田ユリ (愛知室内オーケストラ常任指揮者・日本シベリウス協会会長・本会会員)
日時: 6月22日(月)18:30~21:00
場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

 

今年生誕150年を迎えたフィンランドのジャン・シベリウス、デンマークのカール・ニルセン。性格も環境も異なる二人の同い年作曲家を、遺した作品や活動の軌跡、時代背景を通して考察します。

2015年5月例会

講演: 「極北に生きる人々と野鳥たち -フィンランドから始まった魅力の旅―」
講師: 百瀬 淳子 (日本鳥学会・日本野鳥の会会員・本会理事)
日時: 5月18日(月)19:00~21:00
場所: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

*18:30-19:00は年次総会を開催します(理事、監事、会員の方はご出席をお願いします)

生きものに、優しいまなざしを向ける人々のいるフィンランド。そこでの野鳥観察で、美しい水鳥アビとの出会いがあった。極北の鳥アビは、シャーマニズムに彩られた魅惑的な伝承の主人公であった。アビを追って、私の関心は北極圏へと大きく広がっていった。

2015年4月例会

講 演: 「デンマークの『自由都市クリスチャニア』ー1970年代初期の創設時を中心に」
講 師: オールセン八千代 (早稲田大学大学院)
日 時: 4月13日(月)18:30~21:00
会 場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

1971年に不法占拠から始まったにも拘わらず、40年以上にわたり存続してきた『自由都市クリスチャニア』とは何か。自治、共同社会、直接民主主義、リ サイクル・自然志向といったオルタナティブ社会を目指し、1973年に社会的実験として認められたのはなぜか。修士論文での研究を交えて紹介したい。

2015年3月例会

講 演: 「戦後フィンランド外交のリアリズム」
講 師: 百瀬 宏 (北欧文化協会理事長・津田塾大学名誉教授)
日 時: 3月9日(月)18:30~21:00
会 場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

北欧について私たちは、たんなる知識欲だけからでなく、自分たちの立ち位置(アジアの一角)から独自に考えていくべき時代になったと思う。フィンランドの戦後の著名な大統領パーシキヴィのリアリズム外交とは何だったのか。

2015年2月例会

講 演: 「日本における『カレワラ』の受容」
講 師: 石野 裕子(常磐短期大学キャリア教養学科准教授)
日 時: 2月10日(火)18:30~21:00
会 場: 京橋プラザ区民館(中央区銀座1-25-3)

『カレワラ』は、現在51の言語に翻訳されているフィンランドの民族叙事詩である。本講演では、日本における『カレワラ』の受容を文化面だけではなく政治面をも含めて読み解き、日本人が描いた『カレワラ』像に迫りたい。

2015年1月例会 新春懇談会

日 時: 2015年1月18日 12:00~14:00(11:30より受付)

会 場: レストラン「ストックホルム」(東京・赤坂東急プラザ1F)03-3509-1677

食 事: ミルクを使ったミートボール、鮭の生燻製、ニシンの酢漬けなどの北欧料理を

     バイキングでお楽しみ頂けます。

会 費: 4,000円 学生2,000円(飲み物1杯つき)

備 考: 事前のお申し込みが必要です。

 

参加方法
 (1) お問い合わせのフォームでお申し込み下さい。
  お名前とご連絡先のメールアドレスをご記入下さい。
 (2) 会費をお支払い下さい。
  郵便振替 00170-0-159289 北欧文化協会
 (3) 振替の控えを、
当日受付にご提示下さい。
  学生の方は、学生証もお忘れなく。

お支払いが完了した時点で正式なお申し込みとなります。
振り込まれた会費は、ご返金できませんのでご注意ください。